寝具の豆知識

座ったまま昼寝すると効果的に疲れがとれる?

効果的な昼寝の仕方

昨今、仕事の作業効率を上げるのに、昼寝が有効であるといわれています。 今までは昼寝は怠慢なイメージがありましたが、最近は認識が変わりつつあるようです。 お昼ご飯を食べると眠くなることがありますが、そのまま寝た方が良いということなのでしょうか。 もちろん効果的な昼寝は、ただ寝れば良いわけではありません。 ここでは疲れを取り、頭を効果的に使って、仕事の効率を上げるための昼寝の仕方をご紹介します。

理想的な昼寝の時間

確かに昼寝をしたほうが、眠気を我慢しながら仕事をするよりずっと効率的な感じがしますね。 うとうとしながら眠気を我慢しながら仕事をしても、なんら捗る気がしません。 実際、科学的にも昼寝をしたほうが、午後の仕事の作業効率が上がると実証されています。 ただ、だらだら昼寝をすればよいというわけではありません。 昼寝はできるだけ短時間で済ませた方が良いといわれています。 何時間も寝てしまっては、それは昼寝ではなく、本格的な睡眠になってしまいます。 では理想的な昼寝の時間はどのくらいかというと、15分から30分程度といわれています。 この昼寝の時間も年齢によって変わるといわれ、年を取るほど昼寝の時間は長くても良いそうです。 例えば、40代までなら15分程度、40代を過ぎたら20,30分寝ると良いそうです。 これは年齢によって、深い睡眠に入るまでの時間が異なるためだといわれています。 いずれにせよこのぐらいの時間であれば、お昼ご飯を食べた後、お昼休みの残りの時間を昼寝にあてることもできそうです。

昼寝は深い眠りに入ってはいけない

昼寝をするとき、あまり深い眠りに入ってしまうのは望ましくありません。 というのも、あまり深い眠りに入ってしまうと、目覚めたときに余計に強烈な眠気が襲ってきてしまうからです。 ですから昼寝はなるべく浅い眠りで済ませるように、座ったまま眠る方が良いでしょう。 オフィスであれば椅子に座ったまま、家であればソファなどに腰かけたまま、昼寝をするのです。 本格的に横になって寝てしまうと、深い眠りに入っていきやすいため、起きるのが億劫になってしまいます。 ですから昼寝は椅子に座ったまま、椅子の背もたれにもたれたり、デスクにうつ伏せになって寝るようにしましょう。 しかし椅子やソファに座ったまま寝ると、首や肩が痛くなるという人もいると思います。 その場合、快適に昼寝をするための昼寝グッズがありますから、使ってみてください。

おすすめ昼寝枕

王様のうたた寝枕は、腕を枕の穴に入れて使うタイプで、オフィスで寝るときも重宝します。 腕の上に頭を乗っけても、腕や頭が痛くなりませんし、ビーズ枕になっていて寝心地も中々良いです。

メニュー

ページのトップへ戻る