寝具の豆知識

頭痛や肩こりに塩まくら?気になる効果と口コミ

塩まくらで夏もぐっすり!?

あなたは塩まくらを使ったことがあるでしょうか。 その名の通り塩が中に入った枕ですが、塩には熱を奪う効果があります。 そのため頭や首の下に敷くとひんやりして気持ちよく、夏でもぐっすり眠れるという人もいます。 今回は気になる塩まくらの効果と使い方、そして実際に使っている人の口コミも見てみたいと思います。

塩まくらの使い方

塩まくらというと、塩が入った枕を想像すると思います。 間違いではないのですが、単体で枕として使用するものではありません。 サイズは小さめで厚みも2,3cmと高さもないので、そのままで枕としては機能しません。 使い方としては今使っている枕の上に敷いて使います。 塩が入っているのでずっしり重く、触り心地も硬めです。 砂のたっぷり入った袋を想像してみるとわかりやすいかもしれません。 ずっしり重くて硬そうですよね。 触ると若干ひんやりしているのですが、冷たすぎず、ずっと触っていても熱がこもって暖かくなることもありません。 もちろん夏場など、もっとひんやり感を味わいたいという人は事前に冷蔵庫で冷やしておくと良いでしょう。 数時間冷蔵庫に入れておくと、冷え冷えの塩まくらの出来上がりです。 氷まくらよりも冷たさが長くじんわり続きますので、途中で目が覚めずに熟睡できそうです。 逆に冬場はもう少し温かいほうが良いという人は、電子レンジでチンすると良いでしょう。 塩には保温効果もあるので、500wで1,2分ほど温めれば、温かい塩まくらになります。 頭が冷えやすいという人や首元が寒いという人は塩まくらを温めて使ってみても良いでしょう。

塩まくらがひんやりする理由

ではなぜ塩まくらはひんやりするのでしょうか。 これは塩に熱を吸収して、温度を調節する作用があるためで、頭を乗せても適度な温度を保ってくれるため、頭寒足熱が働いて心地よく熟睡できるというわけです。 もちろん夏場に使っても良いですし、夏しか使えないというわけではなく、すごい冷たいわけではないので一年中使っても良いでしょう。 他にもマイナスイオンが出ている、血行促進効果があるともいわれていますが、実際は分かりません。 ただ頭に熱がこもらないので、熟睡しやすくなり、目覚めもすっきりできるというのは実感できるでしょう。

塩まくらの評判も上々

実際に塩まくらを使った人の口コミを見てみましょう。 お友達からのお勧めで購入しましたが、首のこりが楽になった感じです!あと、購入する時には知らなかったのですが、ひんやりしていて、とても心地よいです。 使用して2~3ヵ月位ですが、偏頭痛と首こり肩こりに、ことある事に悩まされていましたが、ほんとに軽くなりました!! 冷蔵庫で数時間冷やしてから使用しました。ひんやりと気持ちよく快眠でした。 ラベンダーの良い香りがします。ひんやりとしてよく眠れるとのことでした。 ひんやりしてよく眠れる、という口コミがありますね。 冷蔵庫に入れて冷やしておくと、より一層ひんやり感を味わえるようです。 また肩こりや頭痛が良くなった気がするというのも、気になります。 やはり本当に塩まくらには血行促進効果が期待できるのでしょうか。 他にも市販の塩まくらにはラベンダーやカモミールなど、アロマの香りが楽しめるものもあります。 アロマの香りでリラックスできれば、より一層睡眠の質が高まるかもしれませんね。 なお塩まくらの使い方は、普通の枕の上に敷いて使うという方法が一般的です。 ですがこちらのクッションタイプの塩まくらであればそのまま単体で使うこともできます。 とはいっても小さめのクッションなので小さくて低めです。 ですから、お昼寝やリラックスタイムに使うにはおすすめといえます。

塩まくら使用時の注意点

塩まくらを使用する場合、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。 というのも塩は湿気を吸いやすいので、定期的に干して乾燥させないと固くなってしまうのです。 乾燥させれば元に戻るのですが、いざ使おうとして硬くなっていたら使えませんね。 カビの発生も気になりますから、塩まくらは定期的に干して、湿気を放出させるようにしましょう。 固くなっているけど、どうしても今すぐ使いたいときは、ドライヤーを使ったり、レンジでチンする(500Wで30秒ほど)と簡単に乾かすこともできます。 また塩まくらは実際どれくらいの期間使うことができるのでしょうか。 塩まくらは中身を洗うことができません。 ですから衛生面を考えると使用期限は長くても2,3年にしておいたほうが良いでしょう。 重みがあるからカバーが破れて塩が飛び出す心配もありますので、衝撃を与えて破損しないよう注意してください。 さて頭を冷やして安眠効果の期待できる塩まくら、実際に使ってみたいと思いませんか。 人によっては肩こりや頭痛の改善も実感できた人もいるようですから、気になりますね。 もちろん合わないと感じたら使用は継続しない方が良いでしょう。 しかし試してみる価値はありそうです。

メニュー

ページのトップへ戻る